気構え

昨今の外資の参入で、ベトナム人でキャリアを持っている人はみんな、少しでも自分を高く買ってくれる所に転職しようとします。日本人のように責任をもって仕事に当たる人は少なく、簡単に辞めて転職をしてしまうので、引き止める側も実は相当苦労しています。ベトナム人と日本人の仕事に対しての価値観はかなり違います。日本人は仕事の効率を重視し、仕事が完了するまで帰りません。成果を重んじすぎるやり方にベトナム人はモチベーションが下がることはよくあります。また、日本人は物事 を決定する時、多数派の意見を重視しています。それに反して、ベトナム人は個人の思考を重視する傾向にあります。離職率も高いお国柄だからこそ、べトナムにいる日本人は企業側では大切にされる存在ともいえます。言い換えれば、職場でのキャリアアップがしやすい環境。だから、必然的にその企業での自身のポジションもあがっていくといえます。もちろん実力と実績を出してなければの話ですが。

しかし年収アップやキャリアアップも大切ですがそれ以上に、生活の質をよく考えることを忘れないでください。 べトナムは決して暮らしやすい国ではありません。精神衛生面、健康状態、ストレスの少ない職場の環境、そして家族や人間関係、お金や見かけだけでは図り得ないさまざまな要素が人生にはたくさんあります。どんな暮らしをしたいか、どんなふうに働きたいか、それを決めるのは自分自身、後悔しないためにもいろんな働き方を視野に入れておきたいものです。これはどこの国でも同じですが、日本人だからすぐに活躍できるということはありません。現地で活 躍できる人材は、精神的、肉体的に強く、最終的に専門性を高めて常にキャリアップを目指している人材です。ベトナム人ではなく日本人を採用するという理由を理解して、自分は何ができて、何をしたいのか、何を必要とされているのかが、はっきりとわかって行動できる人は、ベトナムでキャリアを作ることができるでしょう。

ベトナムでの気構え