面接における注意

海外就職で一番のハードルは現地で面接を受けるか、日本国内で面接が可能かということになります。国内で受けれれば諸経費もかからないし問題ないのですが、就職希望国で面接を受ける場合は、往復の航空運賃と滞在費が必要となってきます。

日本在住の方がベトナム現地企業の面接を受ける場合、1次面接は電話またはスカイプで行われることもありますが、最終的にはベトナム現地へ赴いて面接にな ると考えた方がよいでしょう(原則、費用は本人負担)。企業によっては日本での面接が可能のところもあります。しかしほとんどの場合は現地での面接になると覚悟して下さい。またベトナムの企業は面接から入社の流れが早いので、決まったら早々に日本出国をし、ベトナムに行く準備をしないといけいないのが一般的な流れです。

ベトナムは社会主義で南の国。どちらかというとゆったりしているのか?と考えらてますが、国民性は以外とせっかちです。決まったらすぐに準備です。それではベトナムでの面接で重要な事とはいったいないんでしょうか。これは海外で就職する際にどの国でも必ず面接時に聞かれることですが、「なぜベトナムで働きたいのか」という動機付けです。自分は何ができるのか?この点を明確に伝えられるよう事前に考えを整理しておく必要があります。また採用担当者は「ベトナムで長期的に働けるのか」を重用視しています。なぜなら発展途上国のベトナムは中長期的に人材を確保していきたいからです。また、ベトナム人は日本人とは真逆の仕事に対する考え方や常識を持っています。一緒に働くのはかなりの苦労もしいられます。求職者が生活インフラも日本や周辺諸国と比べると、まだまだ未整備な部分の多い中で暮らしていくことが出来るかは、採用する企業にとっては大事なポイントです。

根をあげて早々に帰国する日本人もたくさんいるからです。とにかくベトナムで働く理由がはっきりとしていて、決意が固いと面接官に思わせないといけません。面接の常識も日本と比較すると、かなり異なるベトナム。そこもふまえて、ベトナムで働くことの理由をよく考えてから面接にのぞんで下さい。

面接における注意